ここから本文です

約4年ぶりの刷新。新型フォルクスワーゲン・ゴルフ、5月29日に販売開始

5/25(木) 19:10配信

オートスポーツweb

 フォルクスワーゲンは、日本で累計85万台以上を輸入・販売している『Golf/Golf Variant/Golf Alltrack』を約4年ぶりに刷新。5月29日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売する。

【写真】約4年ぶりに刷新された新型フォルクスワーゲン・ゴルフ

 1974年に初代が発売されて以降、40年以上に渡り3300万台以上が生産されているゴルフ。モータースポーツでは、スポーティーモデルのゴルフGTIが近年人気を博しているTCR向け車両『ゴルフGTI TCR』のベースにもなっている。

 そんなゴルフが約4年ぶりに刷新された。今回のモデルチェンジでのトピックスは先進のデジタルインターフェースを採用したこと、自動運転を見据えた運転支援システムと安全装備を導入したことだ。

 デジタルインターフェースとしては、12.3インチの大型ディスプレイを採用。ドライバーの好みによって表示モードを変更でき、より直感的な操作が可能になった。

 運転支援システムでは、コンパクトシリーズとして初めて渋滞時追従支援システム“Trafic Assist”が設定された。レーンキープアシストシステムとアダプティブクルーズコントロールを基にしたシステムを活用することで、自動的にステアリング操作と加減速を行うという。

 エクステリアも新たなデザインに生まれ変わった。今回はバンパーのデザインを刷新し、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状ヘッドライトを採用したことで、スポーティーでシャープな印象を与えるように仕上げられた。

 またスポーツモデルのゴルフGTI、ゴルフ Rについてはエンジン出力が向上し、ゴルフGTIでは230馬力、ゴルフ Rでは310馬力を発生させる。また、ゴルフ Rには新開発の湿式7速DSGが導入されている。

 各モデルごとの主要装備など、詳しくはフォルクスワーゲンの公式ホームページ(http://golf.volkswagen.co.jp/index.html)まで。

[オートスポーツweb ]