ここから本文です

田辺のロックバンドがインディーズCD

5/25(木) 17:01配信

紀伊民報

 全国でライブ活動をしている和歌山県田辺市のロックバンド「ザ・コーヒー&シガレッツ」のCDアルバム「WALTZ OF ZERO」が27日、インディーズレーベルから発売される。初の全国流通盤。メンバーは「いいアルバムができた。多くの人に聴いてもらいたい」とPRする。


 ザ・コーヒー&シガレッツは1996年に田辺地方在住の男性4人で結成した。途中メンバー2人が入れ替わったが、全員がサラリーマンなど本業を持っており、その傍ら、東京や名古屋、京都、大阪を中心に意欲的にライブ活動を続けている。ボーカル・ギターは山本順一さん(49)、ギターは上田修さん(53)、ドラムは古久保雄己さん(34)、ベースは釣本寛文さん(32)。

 CDは2006年と10年にミニアルバム、14年にフルアルバムを自主制作している。

 今回のアルバムはオリジナル10曲入り。「吠える」「幻想列車」「青の世界」などのテンポの良いロックンロールで、すべて山本さんが作詞と作曲をした。

 京都にあるインディーズレーベル「ロックアゴーゴー」から発売する。価格は2千円(税別)。

最終更新:5/25(木) 17:29
紀伊民報