ここから本文です

育てた花で南部駅前飾る 南部高校

5/25(木) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県みなべ町芝、南部高校(浜野仁孝校長、644人)の生徒たちが24日、学校近くのJR南部駅前に、自分たちで育てた花のプランターを飾った。水やりもして管理する。同校は農業系の学科があって花を栽培しており、電車通学で駅を利用する生徒も多いことから取り組んだ。駅前が花で彩られて明るくなった。


 以前にも駅前に設置したことがあったが、単年で終わった。今回は普通科の生徒も含め、学校全体で毎年継続していこうと始めた。

 植えたのは園芸科と生産技術科の2、3年生が種をまいて育てたサルビア、ペチュニア、コリウスの3種類でプランターは54個。普通科の1年生120人がクラスごとに役割分担し、22日から24日にかけて、使うプランターを洗って土を入れ、花を植えて駅前に設置した。

最終更新:5/25(木) 17:01
紀伊民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ