ここから本文です

「1人の父親として恐怖を覚える」 ルーニーがテロ被害者に10万ポンドを寄付

5/25(木) 14:33配信

SOCCER KING

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、22日にマンチェスターで発生したテロ事件の被害者に10万ポンド(約1400万円)を寄付したことが明らかになった。イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 自身のチャリティー団体『ウェイン・ルーニー基金』を通じて寄付を行ったルーニーは、同団体のホームページに掲載された声明文で「人生には、ある出来事によって歩みを止めなければならない瞬間がある。月曜日の夜に起きたのはまさしくその類の出来事だった」とコメント。さらに「1人の父親として、多くの若者の命があのような形で危険に晒されたことに恐怖を覚える。僕の心は被害に遭った全ての人々とその関係者と共にある。皆さんもできる限りのことをやりましょう」と述べて、支援を呼びかけた。

 また現役時代にマンチェスター・Uとエヴァートンで活躍した元イングランド代表のフィル・ネヴィル氏も、被害者が運び込まれたマンチェスター児童病院に食料の寄付を行っている。その後、すぐにヨーロッパリーグ決勝を解説するためにスウェーデンに向かった同氏だが、『BBC Radio 5』のインタビューにおいて、「正直に言えば、ここに来たくはなかった。マンチェスターに残って、誰かの助けになりたかった」と語り、今後も支援活動を続けることを表明している。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:5/25(木) 14:33
SOCCER KING