ここから本文です

堂安律、完封負けに「どれだけボールを回しても最後に決めなければ意味がない」

5/25(木) 1:48配信

ゲキサカ

[5.24 U-20W杯GL第2節 U-20日本 0-2 U-20ウルグアイ 水原]

 どれだけボールを回そうが、どれだけゴールに迫ろうが、ボールがゴールラインを越えなければ得点にはならない。後半に猛攻を掛けたU-20日本代表だったが、最後までウルグアイゴールをこじ開けられず。チームが無得点に終わり、MF堂安律(G大阪)はただただ悔しさを滲ませた。

 いきなりエースを失った。前半16分にFW小川航基(磐田)が負傷してピッチを後にする。183センチと上背があり、体を張って前線の基準点となる小川に代わり、ピッチに送り込まれた170センチと小柄で、足下の技術に長けた久保だった。堂安は「足下で、自分とタケ(久保)のところで起点を作れると思ったので、そこは意識した」。前半こそなかなか攻撃の形を作れずに苦しんだものの、後半に入ると一気にギアを上げて幾度となくウルグアイゴールを脅かした。

 後半13分には堂安にも決定機が巡ってきた。久保の強烈な左足シュートのこぼれ球に反応し、ヘディングで押し込もうとしたが、DFマティアス・オリベイラのクリアに遭い、ネットを揺らすには至らず。「あまり覚えていませんが、もっと簡単だと思ったので決めないといけなかった」。しかし、その後も小川を欠く攻撃陣は、細かいパスをつないでウルグアイ守備陣を攻略しようと試みる。

 堂安、久保、そしてFW岩崎悠人(京都)とMF三好康児(川崎F)らが絡むパスワークで、シュートまで持ち込む場面も創出。「ボールを持てるという感覚はあった」。しかし、「1点取っていれば手応えは違ったと思う」とボールをつなぎながらも得点が生まれなかったことで、手応えを得たとは言い難かったようだ。

「点を取れなかった。それが結果。どれだけボールを回しても最後に決めなければ意味がない」

 グループリーグ最終節イタリア戦は3日後の27日に行われる。「最後の質にこだわりたいし、勝ちを目指して頑張ります」と気丈に前を向いた。

最終更新:5/25(木) 5:51
ゲキサカ