ここから本文です

「一発が本当に怖かった」…DF中山雄太、“警戒していた”形からの2失点を悔やむ

5/25(木) 2:49配信

ゲキサカ

[5.24 U-20W杯GL第2節 U-20日本 0-2 U-20ウルグアイ 水原]

 スカウディングされていたし、警戒もしていた。しかし、ウルグアイのスピードに乗った攻撃から2失点を喫したU-20日本代表のDF中山雄太(柏)は「自分たちの甘さ」と声を落とした。

 前半38分に奪われた先制点は、「意識していた一発」からだった。ウルグアイが最終ラインから送ったロングボールが、DF舩木翔(C大阪)の後方へと走り込んだDFホセ・ルイス・ロドリゲスへと届けられ、CBの中山が釣り出されてしまう。折り返しに走り込んだFWニコラス・スキアッパカッセに中山が懸命にスライディングタックルを試みるも、かわされてしまうと右足のシュートでネットを揺らされた。

「立ち上がりはしっかり自分たちで良い流れを持ってきましたが、相手にワンチャンスで決められたというのは詰めが甘いし、やられてから立て直すというのはもったいない」

 後半に入ると日本が猛攻を掛けるが、「ウルグアイは自分たちに持たせているという感覚があった」。そして、「一発があるのが相手の特長だし、それが本当に怖かった」とCBでコンビを組むDF冨安健洋(福岡)とコミュニケーションをとりながら、ウルグアイの速攻には十分に警戒していた。だが、そのカウンターからダメを押されてしまう。

 後半アディショナルタイム、DFホセ・ルイス・ロドリゲスにDF藤谷壮(神戸)が振り切られ、MFマルセロ・サラッチにパスを預けられると冨安がチェックに入る。しかし、後方から走り込んだロドリゲスにパスを届けられると、PA内への進入を許してゴールを奪われてしまった。

「2失点目はスカウティングどおりで、あそこから出てくるというのは皆が統一した意識を持っていたと思う。本当にスカウティングどおりだったので、そこは自分たちの甘さだと感じた」

 3日後の27日にはグループリーグ最終節イタリア戦が控えている。「ウルグアイ戦からの改善をイタリア戦に向けてぶつけられるかが本当に大事。全員でもう一回切り替えて、イタリア戦を良い状態で迎えられるようにしたい」。ここまで2試合連続失点。奮起を誓う守備陣のリーダーは、力強く語ると視線を上へと向けた。

最終更新:5/25(木) 5:03
ゲキサカ