ここから本文です

小川、有木ゴール!鹿児島が鹿児島中央下して準決勝進出:鹿児島

5/25(木) 17:25配信

ゲキサカ

[5.25 全国高校総体鹿児島県予選準々決勝 鹿児島中央高 0-2 鹿児島高 鹿児島県立サッカー・ラグビー場B]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)への出場権を懸けた鹿児島県予選は25日、準々決勝を行った。鹿児島中央高と鹿児島高との一戦は鹿児島が2-0で勝利。神村学園高との準決勝(26日)進出を決めている。

 鹿児島は前半11分に左SB床波祐人(3年)の左クロス後の混戦からMF小川翔也(3年)が先制ゴール。前半9本のシュートを放ちながらも2点目を奪えなかった鹿児島だが、後半もMF{新井太陽(3年)や10番MF吉川晃平(2年)らがサイドへパスを散らし、左MF小川がカットインからシュートへ持ち込むなどチャンスをつくる。

 それでも、FW野崎雅貴(3年)のシュートがクロスバーを叩くなど追加点を決めることができない。逆に3バックを中心に相手の攻撃を凌いだ鹿児島中央はMF岩戸翔太(3年)や10番FW井上朋哉(3年)のミドルシュート、FW江幡優大(3年)のスピードある仕掛けから反撃する。

 だが、後半終了間際にMF中里陸斗(3年)のシュートをGK米澤将(2年)がビッグセーブするなど1点を許さなかった鹿児島は後半アディショナルタイム、交代出場のFW有木悠也(3年)が貴重な追加点。鹿児島が2-0で勝ち、昨年敗れている準々決勝を突破した。

最終更新:5/25(木) 18:54
ゲキサカ