ここから本文です

Jリーグ村井チェアマン、応援スタイルに持論「表現の管理は適切ではない」

5/25(木) 19:21配信

ゲキサカ

 Jリーグの村井満チェアマンが、Jリーグで選手やサポーターによる違反行為が相次いだことに言及した。

 今季だけでも4月16日に行われた大阪ダービーにおいて、ガンバ大阪のサポーターが政治的思想を連想させる旗を掲出したことが発覚。同29日には徳島ヴォルティスのDF馬渡和彰が試合中にボールパーソンを突き飛ばしてしまい、5月4日の試合では浦和レッズのDF森脇良太が試合中に相手選手に対して問題発言をしたとして処分を受けていた。またAFCチャンピオンズリーグにおいて、サポーターが旭日旗を掲げたことで川崎フロンターレがアジアサッカー連盟(AFC)から処分を受けるということがあった。

 理事会では掲出物について、「全件許可制になぜしないのか」といった質問も挙がったという。ただチェアマンは「人数が多いクラブから小規模なクラブまで幅が広かったり、歴史や文化、サポーターの価値観も違う。一律管理というよりは、サポーターとともにあるべき姿を考えたい」と説明。

 そして「サッカーは人間が手を使わずに足でやるもの。ずいぶんミスもあったり得点も非常に少ない。感情の爆発や、喜怒哀楽の表現はサッカー独特の特徴だと思う。絶対に許せない差別の問題などはあるが、サポーターの表現について管理するというのは適切ではないのではないか」と持論を語った。

最終更新:5/25(木) 20:36
ゲキサカ