ここから本文です

歩行パターンがパスワードに?--発電と認証を実現するデバイスを豪研究機関が試作

5/25(木) 11:35配信

CNET Japan

 自分の歩き方が、スマートフォンのロックを解除する「指紋」代わりになる日が来るかもしれない。オーストラリア連邦科学産業研究機構のData61研究所が、歩行によって生じる運動エネルギーを使って発電するだけでなく、歩き方をその人固有の認証情報に変換できる小型のウェアラブルデバイスを試作した。この研究に関する論文が公開されている。

 このデバイスは、歩行の運動エネルギーを利用した発電のパターンをトラッキングし、足の動きの特徴によって発電量が一瞬落ち込む現象を解析して、その人固有の署名を生成するという。さらにこのデバイスでは、運動エネルギーハーベスティング(KEH)技術を利用して、モバイルデバイス用のバックアップ電源を提供することもできる。

 「この2つの技術を応用することで、われわれは一度に2つの目標を達成できる手段を開発した。1つは、デバイスに電力を供給すること、もう1つは、歩き方から生み出されるエネルギーを捉えることで、ウェアラブルデバイスを用いて、個人を特定する機能の実現だ」と、Data61の研究者であるSara Khalifa氏は声明の中で述べている。

 この研究では、20名の実験参加者を対象に、さまざまな路面でデバイスの試験を行った。その結果、95%の精度で歩き方から個人を特定できるようになったという。また、実現がより簡単とされる加速度計を利用した歩行認証方式と比べて、消費電力を78%削減できた。

 さらに、人の歩き方からその個人を認証するデバイスの能力を試すため、そのデバイスの持ち主の動きを真似ようとする「替え玉」を使って実験したところ、その偽ユーザーが誤って認証された回数は100回中13回だった。この結果は、さらなる改良が必要とはいえ、開発者の目指している方向が正しいことを示していると考えられる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:5/25(木) 11:35
CNET Japan