ここから本文です

ドラギ総裁:ECBのフォワードガイダンスから逸脱する理由ない

5/25(木) 0:06配信

Bloomberg

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は24日、利上げより前に資産購入を終了させるECBのフォワードガイダンスの堅持をあらためて表明した。

総裁はマドリードでの講演で、「会見冒頭の声明で一貫して提示しているガイダンスから逸脱する理由はない」と言明。「資産購入は調整がさらに困難になって実践がいっそう複雑になり、小幅なマイナスの金利を含めた他の政策手段に比べて副作用を生む公算が大きくなることは避けられない」と述べた。

ECBは非伝統的措置を解除し政策を正常化する道筋を議論しようとしている。総裁は現行のフォワードガイダンスの「論理性」を強調。マイナス金利には副作用があるもののこれまでのところそれは「限定的」だと指摘し、量的緩和(QE)から生じ得るものに比べると小さい公算だと論じた。

原題:Draghi Says There’s No Reason to Deviate From ECB Guidance (1)(抜粋)

Alessandro Speciale, Maria Tadeo

最終更新:5/25(木) 0:06
Bloomberg