ここから本文です

ライアン米下院議長:国境税を諦めていない、話し合いは継続している

5/25(木) 0:50配信

Bloomberg

ライアン米下院議長は自身の国境調整税の提案について、議会を通過するためには変更が必要だとの考えに同意するが、このアイデアを断念するつもりはないと述べた。

ライアン議長は一方で、国境調整税の構想を盛り込まない形で包括的な税制改革を推進することが可能かどうか、他の共和党首脳部と協議していることも認めた。議長は24日、新興メディア会社アクシオスが主催したイベントで、「もちろん、そのような話し合いはしている」と話した。

ムニューシン米財務長官は23日、共和党保守派「下院自由議員連盟」との会合で、同長官とトランプ米大統領は国境調整税に反対する方向だと述べた。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。会合は非公式だったとして、関係者らは匿名で語った。

ライアン議長は24日、ムニューシン長官と話をしており、同長官が「現在の形での」国境調整税は支持しない考えを示したと説明。同議長はその観点には同意するとし、問題は「これらのアプローチをどのように融合させるのか。これらの代替案はどういうものになるかだ」と述べた。

議長はその上で、「完全かつ即時の国境調整」の実施は「あまりに混乱を来す行為」になるとの考えでムニューシン長官と一致していると続けた。

原題:Ryan Isn’t Folding on Border Tax But Says He’s Talking About It(抜粋)

Anna Edgerton

最終更新:5/25(木) 0:50
Bloomberg