ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】「トラブルのない一日で、2台とも勢いを維持できて満足」

5/26(金) 11:59配信

TopNews

25日(木)、F1第6戦モナコGPの初日にフリー走行が行われ、マクラーレン・ホンダにとっては実りの多い一日となった。

●【P2動画】F1モナコGPフリー走行2回目ハイライト映像

ストフェル・バンドーンは午後のセッションで11番手となり、マシンの方向性に満足した状態で一日を終えた。

また今週末は、日曜日にアメリカでインディ500のレースに出場するフェルナンド・アロンソに代わって、ジェンソン・バトンがバンドーンとともにレースに臨む。

バトンは午前中のセッションでは、慣らし運転およびMCL32のグリップとパワーの評価を行った。午後のセッションでは、コース上のグリップが増す中、さらなる限界点を探るために走行を重ねた。

バトンは、バンドーンからわずか0.03秒差の12番手で午後のセッションを終え、両ドライバーとも現状からさらに改善できるという自信を持っている。

■エリック・ブーリエ(マクラーレン・ホンダ、レーシングディレクター)

「モナコGPのためにモンテカルロを訪れるのは、いつもすばらしい気分です。特に今日は比較的短く、トラブルのない一日だったので、なおさら満足しています。ほとんど中断もなく、走行プログラムを消化することができました。自慢することではないものの、両セッションを通して2台のマシンがともに勢いを維持できたことは満足のいく内容でした。

ストフェルが非常に実りの多い一日を送ってくれたことをうれしく思います。ストフェルと彼のエンジニアは、ストフェルとマシンがどのように機能できるのかをさらに理解するために、前回のレース以来、精力的に仕事に取り組んできました。その努力の成果が表れ始めているように思います。

また、ジェンソンにとってもいい一日でした。今日という一日を非常にうまく判断し、FP1ではいつもながら徐々に慣らして、午後には2017年のマシンのグリップやパフォーマンスレベルの高さを体験し始めました。ジェンソンはFP2終了後に、今日はマシンのドライブをずいぶん楽しんだとコメントしており、それがラップタイムにも表れていると思います。

今日は週末に向けて着実なスタートを切ることができました。金曜日はデータの確認を行い、土曜日にさらに改善できるようにします」

最終更新:5/26(金) 12:05
TopNews