ここから本文です

越前焼60窯元の会心作が一堂 27日から陶芸まつり

5/26(金) 8:05配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 第37回越前陶芸まつり(福井新聞社後援)が27~29日、福井県越前町小曽原の越前陶芸村で開かれる。越前焼など日本六古窯が日本遺産に認定された4月28日以降、産地内で開催される初のイベント。祝いムードが高まる中で、名物の陶器市をはじめ歌謡ショー、茶会などの催しが多彩に繰り広げられる。

 陶器市には町内外から約60の窯元が集結。3日間、会場入り口から公園内の道路沿いにテントを構え、自慢の品を販売する。市価と比べお買い得な値段に設定され、窯元と会話を楽しめる。

 イベントは27日正午から、特設ステージで「やきものオークション」が開かれ、作家が持ち寄った作品を来場者が競り合う。歌謡・ものまねショーもある。

 28日は午前10時から午後4時まで、恒例の「さつきあげ茶会」を開催。新緑を眺めながら野だてを楽しめる。陶芸村文化交流会館前では午前10時半と午後2時からの2回、地元農産組合がついた餅が無料で振る舞われる。

 このほか27、28の両日には、薪窯の焼成見学や電動ろくろの体験、子ども向けにスタンプラリーも行われる。食関連のブースも連日会場内に開設される。

 まつりは午前9時~午後5時(29日のみ午後4時)。27、28の両日はJR武生駅前から無料シャトルバスが運行される。また臨時駐車場が27日に宮崎コミュニティセンター、28日に福井村田製作所宮崎工場に設けられ、無料シャトルバスが会場と結ぶ。

 問い合わせは陶芸まつり実行委員会=電話0778(32)2000。