ここから本文です

介護保険、負担増続く懸念 厚労相「能力に応じて」 法改正案、きょう成立

5/26(金) 5:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 介護保険法などの改正案が26日の参院本会議で成立する見通しとなり、現役世代並みの所得がある高齢者のサービス利用料の自己負担割合が2割から3割に上がることになった。原則1割の利用者負担は、一部を対象に2015年夏に2割に上がったばかり。さらなる負担増を懸念する声が早くも出ている。▼1面参照

 25日の参院厚生労働委員会。社民党の福島瑞穂氏は「所得340万円以上の人々に3割負担を強いるのは生活破壊そのもの」と訴えたが、負担増そのものを批判する議員はほとんどいなかった。一定の所得層以上に限った点に理解を示す雰囲気が広がったためだ。……本文:2,304文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社