ここから本文です

JAL、モスの焼肉ライスバーガー サイドはポテコ

5/26(金) 20:19配信

Aviation Wire

 日本航空(JAL/JL、9201)とモスバーガーを展開するモスフードサービス(8153)は5月26日、共同開発した「AIR MOS(エアモス)焼肉ライスバーガー」を長距離国際線となる欧米豪路線(一部除く)で提供すると発表した。プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスが対象で、提供期間は6月1日から8月31日までの3カ月間。

【JALのAIR MOS焼肉ライスバーガー】

 「エアモス焼肉ライスバーガー」は、従来の機内食では提供されなかったメニューを採り上げる「エアシリーズ」のメニュー。モスとの共同開発は、2011年6月から11月まで提供した「エアモスバーガー(テリヤキバーガー)」、2012年6月から8月までの「エアモスライスバーガー」、2013年3月から5月までの「テリヤキたまご」、2014年3月1日から5月31日までの「モス野菜」、2015年3月1日から8月31日までの「エアモスバーガー★JALスペシャル」、2016年6月1日から8月31日までの「エアモス野菜バーガー」に続き、7回目となる。

 今回の焼肉ライスバーガーは、バンズ(パン)の代わりに、ご飯を焼き固めたライスプレートで焼肉を挟んだ。アメリカ産の牛のバラ肉を、機内食用にアレンジした「モスライスバーガー焼肉のたれ」に漬けこみ、オーブンで焼き上げた。ライスプレートは、もち粉を配合した専用のものを使用する。ライスバーガーと肉は、専用パッケージに入れて提供する。

 付け合わせのサラダのパプリカやニンジン、グリーンリーフは、モスバーガーの店舗メニューの生野菜と同じく、農薬や肥料に極力頼らない方法で協力農家が栽培した国産品を使用する。

 サイドメニューは、店舗のセットメニューをイメージ。フレンチフライポテトの代わりに、東ハトの「ポテコ」をオリジナルパッケージで提供する。ポテコは2012年のエアモスライスバーガーでも、サイドメニューとして採用された。

 提供路線は国際線16路線で、成田発がシカゴとダラス、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、パリ、シドニーの11路線、羽田発がニューヨークとサンフランシスコ、ロンドン、パリの4路線、関西発がロサンゼルス。到着前の2食目の食事として提供する。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:5/26(金) 20:19
Aviation Wire