ここから本文です

「おかあさんといっしょ」でサプライズ演出 一体、何が? NHKに秘密を聞いた

5/29(月) 7:00配信

withnews

 NHK・Eテレで月~土曜日の午前8時に放送されている子ども向け番組「おかあさんといっしょ」。今月23日の放送で珍しい演出があったのを、ご存じでしょうか。ツイッターでは運良く目撃した人から「フラミンゴどこいった!」「びっくりして巻き戻した」と反響が。演出の秘密について、NHKに聞きました。(朝日新聞デジタル編集部・信原 一貴)

【蔵出し画像】「おかあさんといっしょ」歴代の出演者 笑顔のだいすけお兄さんも

フラミンゴが・・・

 視聴者がざわついたのは、番組後半に流れる「ブンバ・ボーン!」のコーナーです。体操のお兄さんと子どもたちが、一緒に「ブンバ・ボンボンボ ブンバ・ボンボンボ」と歌い始め、パンダや汽車、アルパカなど色々なものを体で表現していきます。

 異変があったのは、踊り始めて1分50秒ほどたったとき。普段なら

 ミーアキャットが フラミンゴ!

 と歌われる歌詞が、何の前触れもなく

 ミーアキャットが フライパン!

 に変わっていたのです。画面に現れるイラストも、いつもの二羽のフラミンゴから、二つのフライパンに変わっています。

 普段ならフラミンゴらしく片足をあげる体操のお兄さんも、「じゅーじゅーじゅー」と口ずさみ、フライパンを豪快に振るようにノリノリで踊っています。

噂される「犯人」は

 この「フラミンゴ!」の歌詞が突然変わる演出。2014年8月から始まりましたが、まれにしか見られません。

 ネットではファンがつけた名前もあり、「すりかえブンバボン」などと呼ばれています。理由はサプライズ演出が起きるのが、決まって火曜日だから。

 番組では毎週火曜日に、子どもたちがイラストの変化を当てる人気コーナー「すりかえかめん」が放送されています。そのため、歌詞が変わるのも「すりかえかめん」がすり替えたからなのでは、という深読みが広まっています。

NHKに聞いてみた

 もちろん翌日24日の放送では、歌詞は「フラミンゴ」に戻っています。そのためサプライズ演出を初めて見た人の中には「昨日のは幻?」「夢見たわけじゃないよね」と、つぶやいている人も。

 そこでNHKに聞いてみると、少しだけ秘密を明かしてくれました。

ーーサプライズ演出は、どのくらいの頻度で見ることができるのですか。

 「規則性はありませんが、どうやら1~3か月に1度現れるようですね」

ーー「フラミンゴ!」が「フライパン!」に変わっていて、びっくりしました。

 「これまでにフライパンだけでなく、フラダンスやフラフープ、フランケンシュタインも確認されています」

ーー「すりかえかめん」が現れる火曜日に起きているという鋭い指摘もあります。

 「スタジオでも『すりかえかめん』の仕業を疑う声が聞かれますが、事実はわかりません」

 朝の人気番組に、ひょっこり現れる小さな変化。これからも視聴者を楽しませてくれそうです。

最終更新:5/29(月) 7:00
withnews