ここから本文です

ドラクエの日、1986年発売は名作揃い「同級生」を振り返る ツインビー・魔界村・たけしの挑戦状……

5/27(土) 7:00配信

withnews

 5月27日は初代ドラゴンクエストが発売された日です。今では「ドラクエの日」として、様々なイベントが開催されています。初代ドラクエが発売されたのは1986年。その年は、ファミコンの黄金期で、名作から変わり種まで、様々なゲームソフトが発売されました。日本のゲームの土台を築いたドラクエの「同級生」を振り返ります。

【画像】伝説の名作「舛添要一 朝までファミコン」のゲーム画面

人気ソフトに行列の光景

 ファミコン黄金期ともいえる、この年。12月だけでも40本というゲームソフトが発売されました。人気ソフトの発売日に行列ができる光景も定着します。

 この年のファミコンは900万台が普及していたといわれ、ソフト開発会社は、総力をあげて開発に取り組んでいました。

 当時の取材に、ハドソンは「ファミコンの本体は、普及する限界まで来ていると思う。いわばパイそのものは変わらない状態で、ソフトの数だけは増えている。子どもの期待を裏切るようなものを作ったら、すぐそっぽを向かれてしまう」と答えるなど、質が重視される「競争時代」でもありました。

 1986年に発売された初代ドラクエの「同級生ゲーム」は、そんな歴史的な年に生まれた作品でした。

ツインビー、ベル撃ちまくり

 コナミから発売された縦スクロール型のシューティングゲームです。

 2人同時プレーのシューティングゲームとしてのパイオニア的な存在です。パワーアップするベルを狙って、雲を撃ちまくった記憶がよみがえります。

 空中戦と地上への爆撃を同時に進めながら攻略していきました。ハードな世界観の多かったシューティングゲームの中で、ツインビーは、ポップなキャラクターで登場。デザインの新しさも目をひきました。

グラディウス

 コナミから発売された横スクロール型のシューティングゲームです。

 敵の編隊を撃ちながら、カプセルによって武器が成長していきます。自機のスピードが上がったり、武器がビームになったりした時の達成感がたまりません。

 音楽も評判で、ゲームから生まれたサントラ盤は、他のゲーム音楽のサントラ盤に比べても、根強いファンがいます。

1/2ページ

最終更新:5/27(土) 7:00
withnews