ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】伝統のF1モナコGPとインディ500に挑む週末

5/26(金) 20:46配信

TopNews

マクラーレン・ホンダは、世界三大レースのうち2つのレースに同時に挑む。

1つはマクラーレン・ホンダとして挑むF1モナコGP。もう一つはマクラーレン・ホンダ・アンドレッティとして挑むインディ500だ。

●【P2タイム結果・画像】2017年F1第6戦モナコGPフリー走行P2

ドライバー陣も豪華だ。インディ500には初参戦のフェルナンド・アロンソが挑んでおり、初の予選でトラブルを抱えながらも5位を獲得している。そして、F1モナコGPでは、アロンソの代役として1戦限定としてジェンソン・バトンが復帰した。バトンは事前にシミュレーターで学んだものの新レギュレーションのクルマに乗ることなくモナコに挑んでいる。

この二人のチャンピオンが、F1とインディに挑んでおり、F1スペインGP予選では7位と好調だったマクラーレン・ホンダもプロモーションに力が入る。

この週末、マクラーレンは「Race of Two Worlds」というキャッチコピーでモナコGPとインディ500に参戦する自チームを伝統のモナコ風レトロポスターでアピール。そして、SNSではハッシュタグ「#RaceOfTwoWorlds」をつけている。

さらに、F1とインディのステアリングホイール比較画像も公開した。

また、モナコのホスピタリティには、モナコとインディ500のサーキットが描かれている。

インディ500ではアロンソが予選5位と好調、F1モナコGP初日では大きなトラブルもなく順調に走行距離を稼いで走行プログラムをこなした。F1の土曜日の予選でも好結果が期待される。

最終更新:5/26(金) 20:46
TopNews