ここから本文です

買われたものが売られ、売られたものが買われる

5/26(金) 8:10配信

ZUU online

今朝は若干涼しかったのですが、出かけるころから雨が降っています。雨の週末ということでなんとなく気分も落ち込みそうですが、株式市場は堅調な展開が期待されます。週末の持ち高調整の売り買いに振らされるということになるのでしょうが、買われ過ぎている銘柄などは一気に手仕舞い売りに押されるということもありそうです。

異様に空売りが多い状況が続いていますが、信用取引と現物取引の手数料が違うということも一つの要因とみられます。それにしても異常な状態ですから、ちょっとしたきっかけで売り買いのバランスも崩れるということになりそうで、早晩波乱となってくるのではないかと思います。いずれにしても小手先のテクニックばかりに気を取られて大局を見誤らないようにしたいものです。

米国市場が堅調、為替も若干円安となったのですが、夜間取引やシカゴ市場の日経平均は上値も重く、本日の日本市場は冴えない展開になりそうです。週末の買い戻しが優勢となれば上値を試す動きになるのでしょうし、逆に手仕舞い売りが嵩めば軟調となるのでしょう。いずれにしても昨日まで買われたものが売られ、売られたものが買われるということになりそうです。

19,700円水準を割り込まなかったことで2万円水準を試す動きが期待されます。ただ、本日軟調となるようであれば、改めて上値の重さが確認されるという感じで手仕舞い売りが嵩んで再度19,500円~600円水準を試す動きになりそうです。

■本日の投資戦略

特に買われる材料もないなかで堅調な地合いが続いています。空売りが依然として多いということも下げ渋りにつながり、下げ渋る銘柄が多くなると買い戻しを急ぐ動きで堅調となるということでしょう。ただ、食品株の一角など買われ過ぎ感が強い銘柄も多く、ここからさらに上値を買い上がるということになると、買い戻し以外の材料も必要だと思います。

上がる時も下がる時も本当に「もういいだろう」というところからもう一段の上昇や下落があるものです。特に材料があるわけでもないのですが、今年に入ってからの大きな下落、上昇は意外高、意外安という局面も多く、「まだはもうなり、もうはまだなり」と考えて対処しておいた方がいいと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:5/26(金) 8:10
ZUU online