ここから本文です

チョ・ビョンミンが首位浮上 宮里優作、今平周吾は21位で決勝へ

5/26(金) 18:30配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 2日目(26日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇7404yd(パー72)

【画像】宮里藍が今季限りで現役引退!男子ツアーにも1試合だけ出場

刻々と風が強まるコンディションの中、午前組で20位からスタートしたチョ・ビョンミン(韓国)が5バーディ、ノーボギーの「67」でプレー。通算8アンダーの単独首位に浮上し、後続に2打のリードを築いて決勝ラウンドに進んだ。

通算6アンダーの2位に、首位から一歩後退したドンファン(韓国)、ともに「70」として6位から浮上したチャン・キム(アメリカ)とアダム・ブランド(オーストラリア)の3人が続く。

通算5アンダーの5位に、宮本勝昌、キム・ヒョンソン(韓国)、ミズノ契約の鈴木亨と上田諭尉の4人。通算4アンダーの9位に、谷口徹、増田伸洋、古田幸希、ウォンジョン・リー(オーストラリア)、イ・サンヒ、朴ジュンウォン(いずれも韓国)の6人がつけた。

賞金ランク1位の宮里優作、2週連続優勝がかかる今平周吾は、通算2アンダーの21位で決勝へ。尾崎将司は9ホール終了後、腰痛のため途中棄権した。

【主な成績】
1/-8/チョ・ビョンミン
2T/-6/ドンファン、チャン・キム、アダム・ブランド
5T/-5/鈴木亨、上田諭尉、宮本勝昌、キム・ヒョンソン
9T/-4/谷口徹、古田幸希、増田伸洋、ウォンジョン・リー、朴ジュンウォン、イ・サンヒ

21T/-2/宮里優作、今平周吾 ほか
31T/-1/岩田寛 ほか
(以下予選落ち)
62T/+2/伊藤涼太 ほか
棄権/尾崎将司