ここから本文です

伊藤有希、宮古島合宿で“男子力”アップ

5/26(金) 7:04配信

スポーツ報知

 スキージャンプの土屋ホームが25日、沖縄・宮古島市で合宿を公開した。2017年世界選手権銀メダルの伊藤有希(23)は、18年平昌五輪金メダルに向け「男子に近いジャンプを目指している。男子と同じトレーニングをして、“男子力”アップに取り組みたい」と宣言。合宿参加5人中で唯一の女子だが、他の選手と同メニューで体をいじめ抜く覚悟だ。

 “男子力”の根幹は、筋力。今合宿では1600回の縄跳びや、(異なる長さの短距離走を順番に行う)サーキットトレーニングなどで強化を図っている。「一番きついのはサーキット。やり方次第でつらくも楽にもできる。どこまで自分を追い込めるかが楽しみ」と気合は男子顔負け。土屋ホームの選手兼任監督で、14年ソチ五輪銀メダルの葛西紀明(44)も「後輩のキツそうな顔を見るのが良い。自分もやってやろうという気になる」と刺激を受けた様子だった。

最終更新:5/26(金) 7:04
スポーツ報知