ここから本文です

仕事は絶好調も…上戸彩に囁かれる“離婚危機説”の行方

5/26(金) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 どこぞの姐さんか? そう見まがうほど貫禄を漂わせていたのは、女優の上戸彩(31)。24日に行われた「アートアクアリウム2017」開催概要発表記者会見に薄桃色のあでやかな着物姿で登場した。

 同イベントの広報大使は3年前にも務めており、今回で2度目。ふたたび起用したくなる魅力を持ち合わせているのだろう。これまでも衣料、不動産、携帯、化粧品、食品など多業種のCMキャラクターを務め、CM女王のタイトルも欲しいままにしてきた。

 しかも10年以上起用され続けている企業の多いこと。この日はライティングされた巨大な金魚鉢のセットに合わせて、金魚をかたどった帯留めを披露。「珊瑚の帯留めなんですが、値段は付けられないと言われました」とちゃめっ気たっぷりに説明し、トーク力の高さもうかがわせたのだった。

 来月10日には主演映画「昼顔」の公開が控えている。斎藤工(35)を相手に夫の目を盗んで不貞の愛に溺れる女性を演じたドラマの劇場版。コマーシャルに加え、本業の芝居でも再登板となり、まさに絶好調だが、昨年から離婚危機説が囁かれているプライベートのその後はどうなっているのか。

 今年1月には夫のHIRO(47)と愛娘、上戸の実母とともに3泊5日の仲むつまじいLA家族旅行の様子が女性誌で報じられた。それでもネット上などではヤラセ疑惑が取り沙汰され、一向に“完全鎮火”とはならない。事情を知る関係者が2人の近況をこう話す。

「夫婦ですからケンカのひとつやふたつあるでしょうが、離婚はない。本当に2人は仲がいいんです。それでも騒がれるのは人気商売のツラいところでしょう」

 帯留め以上にプライスレスな夫婦なのかも。