ここから本文です

桐生祥秀 雨天も10秒15「思ったよりいいタイム」

5/26(金) 12:43配信

東スポWeb

 関東学生陸上競技対校選手権2日目(26日、日産スタジアム)男子100メートル準決勝で、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの桐生祥秀(21=東洋大)が10秒15(追い風1・8メートル)で午後の決勝へトップ通過した。

 小雨が降る悪条件のなか、桐生が余裕の走りを見せた。

「思ったよりいいタイムで走れた。中盤から勝ったと思ったのでリラックスして走りました」と笑顔。日本人初の9秒台へ決勝も力走する。

最終更新:5/26(金) 13:02
東スポWeb