ここから本文です

BMWの最上級クーペ再来…コンセプト 8シリーズ 発表

5/26(金) 11:30配信

レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWグループは5月25日、イタリアで開幕した「Concorso d’Eleganza Villa d’Este」において、『コンセプト8シリーズ』を初公開した。

画像:BMW コンセプト8シリーズ

同車は、2018年に市販される新型『8シリーズクーペ』を示唆したコンセプトカー。1999年に初代が生産を終了した8シリーズが、およそ20年ぶりに復活を果たす。

コンセプト8シリーズは、BMWブランドの最上級クーペ。ひと目でBMWとわかるフォルムを持ちながら、新しいデザインアイデアを随所に導入している。例えば、キドニーグリルは、BMWのクラシッククーペからインスピレーションを得て、ワイド&ローの新デザイン。ボンネットとルーフラインが、ダイナミックさを演出する。

インテリアは、ドライバー重視の設計。シートはダークブラウンのメリノレザーで、ダッシュボードなどには、カーボンファイバーやアルミのアクセントが配される。iDriveコントローラーは、スワロフスキーガラス製とした。

BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「BMWグループは“NUMBER ONE>NEXT”戦略において、売上と収益を大幅に増やすことを目指している。8シリーズクーペはこの戦略の実現に、重要な役割を果たすだろう」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:5/26(金) 11:30
レスポンス