ここから本文です

【イングランド代表メンバー】主将ルーニーが選外 トリッピアーを初招集

5/26(金) 13:05配信

ISM

 イングランド代表のギャレス・サウスゲイト監督は現地時間25日(以下現地時間)、2018年W杯欧州予選などに臨むメンバー25名を発表。代表歴代最多得点、最多出場記録保持者で、主将のFWウェイン・ルーニー(マンチェスターU/イングランド)が選外となっている。

 フィールドプレーヤーとしてイングランド代表歴代最多の119キャップを数え、最多の53得点を記録しているルーニーだが、今季はクラブで出番を失いコンディションを落としている。ルーニーは、2018年W杯後の代表引退を希望しているが、現状、サウスゲイト監督は同選手をCFの5番手以降と考えている様子で、今回の招集では声をかけなかった。

 一方で、ケガから復帰したジャック・バットランドが約1年ぶりに復帰。キーラン・トリッピアーが初招集されている。

 W杯欧州予選でグループF首位に立つイングランドは、6月7日にフランスと国際親善試合を行なったあと、10日にスコットランドとの予選に臨む。(STATS-AP)

=以下、イングランド代表W杯メンバー=

GK
ジャック・バットランド(ストーク)
フレイザー・フォースター(サウザンプトン)
ジョー・ハート(トリノ:ITA)
トム・ヒートン(バーンリー)

DF
ライアン・バートランド(サウザンプトン)
ギャリー・ケーヒル(チェルシー)
ナサニエル・クライン(リヴァプール)
アーロン・クレスウェル(ウェストハム)
ベン・ギブソン(ミドルズブラ)
フィル・ジョーンズ(マンチェスターU)
クリス・スモーリング(マンチェスターU)
ジョン・ストーンズ(マンチェスターC)
キーラン・トリッピアー(トッテナム)
カイル・ウォーカー(トッテナム)

MF
デル・アリ(トッテナム)
エリック・ダイアー(トッテナム)
アダム・ララーナ(リヴァプール)
ジェシー・リンガード(マンチェスターU)
ジェイク・リヴァーモア(ウェストブロム)
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(アーセナル)
ラヒーム・スターリング(マンチェスターC)

FW
ジャーメイン・デフォー(サンダーランド)
ハリー・ケイン(トッテナム)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスターU)
ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

※ITA=イタリア

最終更新:5/26(金) 13:05
ISM