ここから本文です

宮崎駿監督、家ではベーコンエッグ作る!ジブリ美術館「食べるを描く。」全貌公開

5/26(金) 15:57配信

cinemacafe.net

スタジオジブリのアニメーション世界を体験できる「三鷹の森ジブリ美術館」の新企画展示「食べるを描く。」の内覧会が5月26日(金)に行われ、企画・監修を務めた宮崎吾朗氏が挨拶した。

【写真】宮崎吾朗/「三鷹の森ジブリ美術館」の新企画展示「食べるを描く。」の内覧会

吾朗氏の挨拶を前に、館長の中島清文氏は「皆さん、宮崎駿監督の新作について何か聞いて帰りたいと思ってらっしゃるかもしれませんが、何も情報がございません(笑)、あらかじめご了承ください」とけん制。先週、新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集を開始した宮崎駿監督の“引退撤回”については、吾朗氏も語ることはなかった。

日常を丹念に描くジブリ作品に残る数々の“食事シーン”を取り上げた新企画展示。『天空の城ラピュタ』でパズーとシータが一緒に食べる目玉焼きトースト、『千と千尋の神隠し』の千尋がハクにもらい、泣きながら食べたおにぎり、『ハウルの動く城』でハウルが手作りし、ソフィーやマルクルたちと食べたベーコンエッグ…などなど、思い出すだけで、ついニンマリしてしまう、おいしそうな食事と、それを口にするキャラクターたちの至福に秘められたこだわりとは?

吾朗氏は「簡単なことではなかったですが、宮崎駿作品はどうしてご飯がおいしそうに見えるのか、を知ってもらうのは、アニメーション技術そのものを知ってもらうことだと考えた」と企画意図を説明。「要はおいしそうに見せているわけで、作画はもちろん、(登場人物に)どんな文脈で、どう食べさせるか。すべての要素が合わさって、おいしそうに見えるんです」と優れたアニメーション技法に基づいた食事シーンの裏側を説明した。

また、『ハウルの動く城』に登場するベーコンエッグについて、「宮崎駿は家では、必ずベーコンエッグを作る」と興味深いエピソードも披露。「ゆで卵やオムレツでは、調理の仕方など好き嫌いも分かれますし、白と黄色のシンプルな配色が、映像の中ではすごく際立つ」とベーコンエッグ登場の理由を明かしていた。

レトロな洋食レストラン風の第一室では、各作品の記憶に残る食のシーンを取り上げ、わずか数秒間のために描かれた原画や絵コンテから、噛み切る動作や箸さばきなど、食べる動きをアニメーションで描く工夫や意図を紹介。展示室内のダイニングテーブルには“お箸”が用意されており、実際に食べる動作をしてみることで、観察力の重要さを知ることもできる。

食事を作るシーンを取り上げる第二室では、『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現。サツキやシータが調理をこなした空間に、来場者が立ち、改めて映画の世界を体感。また“食”を通して、登場人物たちの暮らしぶりや文化を描くための資料、参考図書を紹介するコーナーも設けられた。

「三鷹の森ジブリ美術館」の入場チケットはすべて日時指定の事前予約制で、5月25日(木)より7月分、6月25日(日)より8月分の夏休みシーズンチケットの “先行抽選販売”を実施。また、7月入場分より全チケットに購入者の名前を印字され、入場時にチケット購入者の本人確認を行う場合がある。

新企画展示「食べるを描く。」は5月27日(土)~2018年5月(予定)三鷹の森ジブリ美術館にて開催。

(C)Studio Ghibli (C)Museo d’Arte Ghibli

最終更新:5/26(金) 15:57
cinemacafe.net