ここから本文です

阪神メッセ、鳥谷ド根性を刺激に6勝目 「信じられないね、あの超人ぶりは」

5/26(金) 6:08配信

デイリースポーツ

 「阪神6-1巨人」(25日、甲子園球場)

 巨人打線を寄せ付けない。圧巻の投球で、マウンドを支配した。8回1失点、10奪三振。通算22度目の2桁三振を奪う快投を披露した阪神のランディ・メッセンジャー投手(35)は「理想的な場面で奪うことができた。最初はイライラしてしまったけど、切り替えてリラックスして投げたよ」と振り返った。

【写真】見よ!これがバットマンだ鳥谷!鼻骨骨折も強行出場、連続試合出場1795に

 一、二回は際どい判定にいら立ちを隠せない。それでも二回に1点を失っただけで、立ち直った。投球間隔を長めに取るなどし、気持ちを入れ替える。三回以降も走者を背負う場面もあったが、粘りの投球で得点を与えない。ベテランらしい落ち着いたマウンドさばきで、目の前の打者と向き合った。

 負傷しても試合に出続ける鳥谷に刺激を受けた。「信じられないね、あの超人ぶりは。すごい気持ちを持って試合に臨む。だから入団したときから彼のことを『マシン』と呼んでるんだ」。虎の顔が見せる強い精神力に、エースが奮投で応えた。

 127球の熱投。「八回を投げ終えたときに香田コーチから『お疲れさま』と握手をしてきたんだ。まだ代わりたくなかったから、その手を離したくなかったね(笑)」。完投への意欲は受け入れられなかったが、先発の役目は十分に果たし連敗ストップに貢献した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 16:45