ここから本文です

ナイル・ホーラン、ソロに慣れず「1D」早期再結成を望む

5/26(金) 16:45配信

cinemacafe.net

「ワン・ダイレクション」の活動休止から1年以上経ついまも、ナイル・ホーランは1人で行動することに慣れないという。

【写真】ソロ活動中のナイル・ホーラン/フォトギャラリー

「ときどき、『みんなどこー?』って思っちゃうんだ。空港のラウンジなんかでさ、搭乗案内が流れてもすぐには立ち上がらない。だって、ほかのメンバーを待っているつもりになっているんだもん。『ルイがもうすぐトイレから戻ってくるから…』とかね」。「Billboard」にそう語るナイルは、活動休止期間の自分のソロ活動は「1D」再結成のためだと言い切っている。「もし僕が1人でライブ会場を満員にしたり、グラミー賞を獲ったりすることがあっても、『1D』再結成のためじゃなきゃやらないよ」。

「1D」のメンバーとは休止期間をどれだけ取るかという話し合いはしていないというが、「40歳過ぎて…とかはイヤかな。数年以内に!」と早い時期に再結成を望んでいるようだ。現在彼は新曲の「Slow Hands」をプロモーション中だが、「『1D』と同じくらいの成功は望めないだろうけど、少なくとも近付けるようにはがんばりたいと思っている」とソロ活動の目標を宣言した。

最終更新:5/26(金) 16:45
cinemacafe.net