ここから本文です

日本ハム大谷「大丈夫」故障後初ネットスロー 6月1軍復帰に向けフリー打撃も再開へ

5/26(金) 6:08配信

デイリースポーツ

 左太もも裏の肉離れで2軍調整中の日本ハム・大谷翔平投手(22)が25日、千葉・鎌ケ谷の室内ブルペンで負傷後初のネットスローを行った。

 投手調整を本格化させてきた。4月19日に平地のグラウンドでネットスローを開始したが、傾斜のあるマウンドでは初めて。ホームベースから3メートル手前にネットを置き、30球を投げ込んだ。「(患部は)大丈夫でした。久々なので良いところ、悪いところはありましたけど足自体は問題なかったです」と振り返った。

 すでに室内でのマシン打撃は再開している。打者より投手としてのリハビリが遅れていたが、踏み込んだ際の左太もも裏の感触にも違和感はなく、今後は投手調整にも力を入れていく。ブルペン入りについて大谷は「定期的に行っていくと思います」と明かした。

 26日には屋外フリー打撃を再開する。投打で6月中の1軍復帰へ歩みを進めていく