ここから本文です

【Krush】グレイス、KANAをKOしたら次はタイトル戦要求

5/27(土) 7:10配信

イーファイト

 5月28日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.76』のセミファイナルで、第2代Krush女子王者KANA(K-1ジム・シルバーウルフ)と対戦するグレイス・スパイサー(イギリス)の公開練習が5月26日(金)都内にて行われた。

【フォト】グレイスが長い脚から繰り出すしなやかなヒザ蹴り

 グレイスはシャドーボクシングとミット打ちを3分1Rずつ披露。「来日前に充分追い込んできて、コンディションもいい」と話し、動きを確認するようにジャブやヒザ蹴り、ハイキックを中心にリング内を軽めに動いた。また、ミット打ちでもコーチと作戦を確認するように、声を合わせながらパンチ中心に行い、軽く汗を流した。

 日本での試合は初めてのグレイスだが、「ゆっくり休めたし、コンディションもいい」と万全の仕上がり。「K-1ルールの試合も4回ほどやったことがあります。自分にとって最高のパフォーマンスをして、みなさんに楽しんでもらいたい」と、Krush女子の試合を盛り上げていきたいと語る。

 グレイスは現在WBCムエタイ・インターナショナル・ライトフライ級王者。対戦相手のKANAが、1月の『Krush.72』でメロニー・ヘウヘスに敗れてKrush女子王座のベルトを失っているが、グレイスはそのメロニーに勝利した実績もあり、「KANAに勝って、またメロニーとも戦いたい」と、KANAを破ったら次はKrush女子王座を懸けてのメロニーとの再戦にも意欲的。

 KANAはグレイスは再起戦として最高の相手だと闘志を燃やしているが、「ファンのみんなはKO決着を望んでいると思うし、私もKO出来ればいいと思う。もし判定決着になっても全てのラウンドを自分がリードして、アグレッシブな試合をしたい」とグレイスは貫禄あるコメントで締めくくった。

最終更新:5/27(土) 7:10
イーファイト