ここから本文です

巨人・大竹、ぶち壊し3回6失点KO…由伸監督ローテ降格示唆

5/26(金) 6:08配信

デイリースポーツ

 「阪神6-1巨人」(25日、甲子園球場)

 序盤で試合が決まってしまった。開幕カード以来、今季2度目の同一カード3連戦3連勝を期した一戦。巨人の先発・大竹寛投手(34)が今季自己最短の3回6失点KOでぶち壊した。なすすべなく打ち込まれた右腕に、高橋監督は「粘ってもらわないと困るんですけどね」と、ぶ然とした表情で振り返った。

【写真】見よ!これがバットマンだ鳥谷!鼻骨骨折も強行出場、連続試合出場1795に

 首位相手に投手陣の踏ん張りで連勝し、この日は難敵のメッセンジャーと相対した。「当然いい投手。普通にいけば、簡単な相手ではない。なんとか接戦に持って行かないといけない試合だった」。指揮官が描いたゲームプランとは真逆の展開。初回に4点を失うなど、序盤の6失点はあまりにも重すぎた。

 大竹寛は「初回から試合を決定づける展開にしてしまった。申し訳ないです」と言葉を絞り出した。最近の登板3試合で計16失点。「次回登板は考えるところはあるか」と問われた指揮官は「そうですね」とローテ降格を示唆した。チームの連勝も3でストップ。ベテラン右腕が、上げ潮ムードに水を差した。