ここから本文です

【陸上】桐生祥秀が2年連続V スタートやり直しで9秒台お預け

5/26(金) 16:17配信

東スポWeb

 関東学生陸上競技対校選手権2日目(26日、日産スタジアム)男子100メートル決勝で、リオデジャネイロ五輪男子400メートルリレー銀メダリストの桐生祥秀(21=東洋大)が10秒24(向かい風0・5メートル)で2年連続3度目の優勝を飾った。

「タイムはもちろん満足できないが、最後の関カレで優勝できて良かった」と話した桐生。準決勝時に降っていた雨がやみ、1レース前は追い風1・5メートルという好条件だったが、スタートで他の選手が動いたためやり直しに。その間に風が向かい風0・5メートルに変わり、条件に恵まれなかった。

 日本人初の9秒台の期待がかかる桐生。夢への挑戦は次戦のプラハ国際(6月5日)に持ち越された。

最終更新:5/26(金) 16:17
東スポWeb