ここから本文です

ボールがポルシェに…“釣り師”上田諭尉が大物ヒットで5位浮上

5/26(金) 19:15配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<~全英への道~ ミズノオープン 2日目◇26日◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(7,404ヤード・パー72)>

【関連ニュース】℃-ute解散に愛理パパも奮起 鈴木亨が4位浮上「華を添えたい」

2014年は6位タイ、12年は5位タイ、昨年は首位発進とやっぱりこの舞台とは相性が良いみたい。ミズノ契約のホストプロ上田諭尉が3バーディ・1ボギーの“70”で2つスコアを伸ばし、トータル5アンダーで5位タイに浮上。同じくホストプロの鈴木亨らと並んで上位争いに食い込んだ。


午後から強く吹いた強風も上田にとっては想定内だった。釣りを趣味とする上田は海に出る際に付近の気圧配置を見ることが日課となっているが、前日ラウンド終了後にこの日の天気を確認するとすぐに気がついた。「等圧線の間が詰まっているんですよ。漁師だから気圧配置を見て風が吹くのがわかっていた」と“観天望気”を働かせた。ラウンド後の練習で低い球を念入りに打ち込み、「今日はいい球が何ホールも打てた。ボギーも16番の3パットだけ」とニヤリと笑った。

そんな中、トータル4アンダーで迎えた最終ホールでは思わぬ“大物”にもぶつかった。相手はマグロ…じゃなくて優勝副賞のポルシェ718ケイマン。1,000万近くする高級車は18番グリーンサイドに展示されているが、「先に乗っていた同組の貴田(和宏)のボールに当たって奥まで行ってコンコンって跳ねてバンパーに」と2オン狙いのボールがポルシェにコツリ。「色が黄色だし、目に入り過ぎる」と思わぬハザードに驚いたが、きっちり寄せてバーディフィニッシュを決めて、「欲しいよね。あれは」と大物との表彰式での再会を期待した。

とは言え今季初のレギュラーツアーで好位置での決勝進出とあって、「明日は緊張でガチャガチャになると思う」と苦闘も覚悟した。明日の天気図はまだ確認していないが、大物一本釣りを狙って、最善の航行ルートを探したい。


(撮影:米山聡明)<ゴルフ情報ALBA.Net>