ここから本文です

ローランド、世界中の打楽器の音色を演奏できる電子パーカッション「PD::ONEシリーズ」

5/26(金) 18:00配信

アスキー

ローランドはコンパクトな電子パーカッション「PD::ONEシリーズ」4機種を発売する。

 ローランドは5月26日、電子パーカッションの新製品「SPD::ONEシリーズ」4製品を発表。6月24日に発売する。
 
 コンパクトサイズで手軽に持ち運べる電子パーカッション。ドラムスタンドやマイクスタンドに取り付けるだけでエレクトロニック・ドラムや世界中の打楽器音などの多彩なサウンドを鳴らすことができる。打面はスティックだけでなく、手で叩いたり、地面に置いて足で踏むといった演奏も可能なのでギターを演奏しながら足でリズムを鳴らすことも可能。
 
 「SPD::ONE ELECTRO」、「SPD::ONE KICK」、「SPD::ONE PERCUSSION」の3機種はタイプの異なるサウンド(それぞれエレクトロニック・ドラム、キック・ドラム、パーカッションの音色)を22種類内蔵する。「SPD::ONE WAV PAD」は好みのオーディオファイル(WAV形式)を本体に取り込んで演奏することが可能。
 
 出力はモノラル標準タイプ、ステレオ標準タイプを装備。USB端子も持ち、WAV PADのオーディオファイル転送のほかMIDI接続でDAW入力用パッドとしても利用できる。電源は単3電池×4本またはDC入力(DC9V)。本体サイズはおよし幅140×奥行き160×高さ56mm、重量約900g(電池含む)。価格はいずれもオープンプライス。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:5/26(金) 18:00
アスキー