ここから本文です

バレンシア、マルセリーノが指揮官に就任...選手の「大幅入れ替え」を明言

5/26(金) 20:34配信

GOAL

バレンシアは2017-18シーズンに向け、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督の就任を決めた。マルセリーノ監督は就任に際して選手の「大幅な入れ替え」を明かしている。

バレンシアは今季2度監督交代を行った。開幕当初はパコ・アジェスタラン元監督、12月にはチェーザレ・プランデッリ前監督に指揮を託したが、いずれもチームを上位に導くことはできず。ボロ暫定監督は今季限りで指揮官のポストから降りることが決まっていた。

そこで、マルセリーノ監督に白羽の矢が立った。今季開幕直前にビジャレアルの監督を電撃退任した指揮官を、バレンシアは射止めている。マルセリーノ監督は就任会見の場で意気込みを示した。

「挑戦は我々にモチベーションを与えてくれる。私は要求の高い働き者だ。組織、規律、決意、そういったものを好む。選手たちは野心を抱くことを約束しなければいけない」

「要求、謙虚さ、決意、団結...そういったものをなくして、ポジティブな結果など望むべくもない。バレンシアのユニフォームを守るために、これらの要素は必要不可欠だ」

またマルセリーノ監督は選手獲得・放出について、独自の見解を示した。

「変革? 私はその言葉が嫌いだ。選手の入れ替えを行うためには、第一に分析をしなければいけない。それから不足しているポジションを見つけ、解決策を探る。その分析に基づき、ミスを最小限に抑えたい」

「変化を起こすという考えに異論はないが、魔法の杖があるわけじゃない。選手たちに決意や野心を植え付けるため、帰属意識を持たせる必要がある。働き、競い合い、バレンシアニスモが誇りを持つためにね。厳しい姿勢でメンバーを再構築しなければいけない。強力なチームを作るため、大幅な入れ替えをすることになるだろう」

GOAL

最終更新:5/26(金) 20:34
GOAL