ここから本文です

F1=フェテル、フリー走行でモナコ最速タイム更新

5/26(金) 10:57配信

ロイター

[モナコ 25日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第6戦、モナコ・グランプリ(GP)は25日、当地でフリー走行2回目を行い、総合首位のセバスチャン・フェテル(ドイツ、フェラーリ)がモナコGP史上最速タイムを更新した。

4度世界チャンピオンに輝いたフェテルは最速の1分12秒720でトップタイムを記録し、1分13秒の壁を越えたモナコGP初のドライバーとなった。

ダニエル・リカルド(オーストラリア、レッドブル・タグ・ホイヤー)が2位、キミ・ライコネン(フィンランド、フェラーリ)が3位と続き、2回目の上位6人全員が昨年のポールポジション(PP)の1分13秒622を上回るタイムを記録した。

メルセデスは、前日の1回目で首位をマークした昨年優勝のルイス・ハミルトン(英国)が8位、バルテリ・ボッタス(フィンランド)が10位だった。

最終更新:5/26(金) 11:04
ロイター