ここから本文です

新「Surface Pro」日本で6月15日発売 価格は10万5800円から LTEモデルは今秋ごろ

5/26(金) 11:41配信

ITmedia NEWS

 日本マイクロソフトは5月26日、オリジナルブランドの新型2-in-1端末「Surface Pro」を6月15日に日本で発売すると発表した。本日から予約を受け付ける。価格は一般向けが10万5800円から、法人向けが9万3800円(いずれも税別)から。

【画像】Surface Pro

 新型Surface Proは、「Surface Pro 4」の後継モデル。OSはWindows 10 Proを採用。12.3型のディスプレイを搭載し、プロセッサのラインアップは、第7世代Core(開発コード名:Kaby Lake)のm3、i5、i7を用意。「Surface Pro 3」に比べて処理性能は3.5倍にアップし、バッテリーは最大13.5時間(Pro 4は9時間)駆動するという。

 新しくなったペンデバイス「Surface Pen」は、4096段階の筆圧検知とチルト(傾き)検知に対応。レイテンシ(遅延)を21ミリ秒まで抑え、従来モデルよりも2倍以上の精度を実現したという。ダイヤル型デバイス「Surface Dial」も利用できる。

 Proシリーズで初のLTE対応モデルは、今秋ごろにリリースするという。

 「Surfaceの活用が進むことで、教育現場でのデジタルトランスフォーメーションが進むだろう」(日本マイクロソフト 平野拓也社長)

・「Surface Laptop」日本で7月20日発売 12万6800円から

最終更新:5/26(金) 12:40
ITmedia NEWS