ここから本文です

【日本ダービー】アルアイン松山 競馬界の女神の直撃に「2冠を取れるチャンスがあるのはこの馬だけなので頑張りたい」

5/26(金) 21:05配信

東スポWeb

【日本ダービー(日曜=28日、東京芝2400メートル)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。今週は火曜(終面に特別編を掲載)に続き2度目の登場。なんてったって日本ダービーウイークですからね! 栗東トレセンは取材陣の熱気がすごくて、汗をかきやしたぜ(なぜか暖房が使われていた疑惑も出ていたけれどね)。競馬の祭典でもありますし、今回はいつもより多く、ジョッキーの皆様を取材してきました。

 まずは青葉賞を勝ったアドミラブルのミルコ・デムーロ騎手にお話をうかがったのですが、終面にもインタビューが掲載されているそうなので、ちょっと遠慮して…。

 稲富自身が強く感じたのは自分の馬に対する自信と皐月賞組に対してのリスペクトです。特にデムーロ騎手は皐月賞を勝ったアルアインと、休み明けだったレイデオロ(5着)を警戒しておりました。

 確かにあの皐月賞は鳥肌が立つほどのかっこいい~レース。松山騎手の涙や天に拳をあげる姿に感動したなぁ。やっぱり、皐月賞馬の話はじっくり聞かせてもらわないと。ということで松山騎手、ダービーにはどんな気持ちで挑戦されますか?

「皐月賞馬として挑めるのが何よりうれしいですね。距離やコースはやってみないと分からないけど、皐月賞では直線で盛り返す、すごい根性を見せてくれましたから。馬を信じて乗りたいと思っています。楽しみとプレッシャー両方ありますが、2冠を取れるチャンスがあるのはこの馬だけなので頑張りたいですね」

 何件も取材を受けて疲れていると思うのに、いつもと変わらない、おっとり優しい口調の松山騎手。大人です。尊敬します。目指せ、2冠制覇!

 デムーロ騎手ではないですが、皐月賞組へのリスペクトは勝ち馬だけではいけません。12番人気で3着に食い込んだのがダンビュライト。前走が初騎乗だった武豊騎手はどんな印象を持ったのでしょうか?

「道悪なら“チャンスはあるかなぁ”と思っていたんだけど、当日の馬場は硬くて、(時計が)速くなりそうだったので正直、“厳しいレースになるかなぁ”って。本当によく頑張りましたね」

 ふむふむ。稽古もつけてらっしゃるとか。

「先週は割とハードに追い切ったので、今週(24日)はソフトに。ちょうどいい追い切りができたと思っているよ。皐月賞時も状態はいいと感じたけど、今回もいい状態で臨めそうですね」

 ズバリ、勝算は?

「1勝馬は全然、勝ってないみたいだけど(笑い)。皐月賞3着馬ですし、チャンスはなくはないと思いますよ。僕も実際、皐月賞3着のスペシャルウィーク(1998年)とタニノギムレット(2002年)で2回ダービーを勝っていますから。ロスなく走れれば、と思っています」

 皐月賞3着馬で過去2勝? チャンスの神様がほほ笑みかけているのでしょうか!? 武豊騎手のマジックにも期待が膨らみますっ!

 皐月賞組の取材はまだまだ続くぜ。6着に敗れたスワーヴリチャードの四位騎手は「課題だったスタートは上手に出てくれたし、最後は伸びてはいるんですけど…ね。前の馬を捕まえるところまではいかなかった。基本的にポテンシャルの高い馬ですから、グンと良くなることはないでしょうけど、使いつつレースを覚えてきてくれているし、そういう意味ではいい感じで臨めると思います。広くて、左回りの東京コースは、この馬にとって割と走りやすい印象を持っているので、楽しみにしています」。相性のいいコースで走れる方がいいイメージが持てるみたいですね。

 最後は普段からよくお話を聞かせてもらっていることもあって、個人的に注目しているカデナの福永騎手を直撃ですっ。

「前走(皐月賞9着)はよく言えば落ち着いていたし、悪く言えば元気がなかった。当時は1週前にハードに調教して、最終追い切りはソフトに。それで気が抜けたところもあったみたいだから、今回は元に戻して(24日の)最終追い切りもハードに。ジョッキーが乗ると、時計が速くなりすぎることが多いので、僕はあえて乗りませんでしたけどね。レースについては“ゲートをもうちょっと上手に出てほしいなぁ”と思うぐらい。馬に関して分かんないとこはもうないから、どう乗ろうかなって迷いは全くないですね」

 た、頼もしい! もう応援したい馬がいすぎて、どう印をまとめるべきか、分からなくなってきちゃいました。楽しみすぎて平常心じゃいられない! 日本ダービーまであと少し! 皆さんの夢はどの馬が勝つことですか?

☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

最終更新:5/26(金) 21:08
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ