ここから本文です

私が7人の“わたし”に出会う一夜描いた短編、カンヌ映画祭で上映

5/26(金) 14:29配信

映画ナタリー

大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像を手がけた佃尚能の短編「私とわたし」が、第70回カンヌ国際映画祭短編部門にて公式上映される。

【写真】「私とわたし」(他4枚)

本作は女優の大須みづほが、1人で8役を演じ分けた5分の短編。自信を失くしている主人公みづほが、素敵な“わたし”に出会うことで元気を取り戻す一夜が描かれる。前作「鼻歌」も昨年の第69回カンヌ国際映画祭で上映された佃は2年連続で同映画祭への参加となった。

「私とわたし」はフランス現地時間5月26日にフランス・オランピア劇場で上映。なお期間限定で本作の2分バージョンがYouTubeにて配信されている。

最終更新:5/26(金) 14:29
映画ナタリー