ここから本文です

「Dropbox Japanはユニークな立場にある」──新社長が掲げる“2つのテーマ”

5/26(金) 16:13配信

ITmedia NEWS

 「Dropbox Japanはユニークな立場にいて、もっと貢献できる」――オンラインストレージサービスを手掛けるDropbox日本法人の五十嵐光喜新社長は5月25日、法人向け事業を強化すると話した。注目が集まっている「働き方改革」と、消費者向け製品が企業に浸透する「コンシューマライゼーション」を切り口に、ビジネス層への普及を狙う。

【画像】「Dropbox Business」プラン一覧

 五十嵐社長によれば、日本企業で働き方改革を進めている企業のうち73%は、モバイル端末や共有ファイルサーバなどを使って社外で働ける環境を整備している。多くの企業はこれらを新しいワークスタイルの基盤にすえる一方で、課題もあるという。

 「社内に共有フォルダ環境を構築した企業の40%は、すでに総データ容量が50TBを超えている。自社でファイルサーバを整えた場合、(データが肥大化したときの)拡張性に欠けてしまう」(五十嵐社長)

 同社のビジネス向けプラン「Dropbox Business」は、1ユーザー当たり月額1250円で2TBまで利用できる「Standard」のほか、必要に応じて容量を追加できる月額2000円の「Advanced」、個別見積もりで幅広くカスタマイズできる「Enterprise」を用意。ファイルサーバの拡張性に課題を抱える企業にアプローチする考えだ。

 今後は大容量ファイルの利用や社外とのやり取り、リモート作業が多いマーケティング、デザイナー、営業といった職種に利用を促していきたいという。

 日本法人の新社長に就任した五十嵐氏はこれまで、Apple日本法人や日本マイクロソフトなどで営業責任者を担当してきた。その経験を生かし、Dropboxでも中小企業へのアプローチを強化する方針だ。

 「Appleにいたころから、ITのコンシューマライゼーションを実感してきた。会社が選んだテクノロジーを社員に使わせるよりも、社員が使いたいと思うツールを使わせるという“逆方向の流れ”が生まれている。個人利用から企業利用への移行をサポートしていきたい」(五十嵐社長)

●重視するのは「透明性」

 Dropboxのユーザー数はグローバルで5億人、ビジネス向けプランの導入企業は20万社、年間売り上げは10億ドルをそれぞれ突破。現在は世界13拠点を持ち、社員数は約1500人に上るという。

 だが、オンラインストレージ分野ではこの数年で競合他社も多く出現。Dropboxは創業当時の勢いを失ってしまったのではと見る向きもある。米Dropboxのアディティア・アガーワルCTOは「他社との差別化ポイントはエンドユーザー重視であること」と説明する。

 「創業時はファイルの同期に注力していたが、今はチームのコラボレーション機能にフォーカスしている。グローバルで展開するネットワークインフラも拡大を続けており、アジア、欧州、米国などを横断して同期スピードを改善している。(オンラインストレージとしての)パフォーマンスはトップクラス。ユーザーにも評価されている点だ」(アガーワルCTO)

 Dropboxでは2012年に、ユーザーのメールアドレスとハッシュ化されたパスワードの組み合わせが流出する事故が起き、同社は16年にそのことを発表した。サービスそのものの安全性を懸念する声も出たが、原因はオンラインストレージ内に保存されたユーザーデータの漏えいではなかったとアガーワルCTOは強調する。

 「これらの事故を克服するには、信頼に値する企業になることが大切だと考えている。このような危機が起きると、多くの企業は隠蔽(いんぺい)しようとするが、われわれは創業当時からユーザーファースト。正しい行為には痛みを伴うこともあるが、透明性を確保することが企業の評価につながるはずだ」(アガーワルCTO)

●猛威を振るうランサムウェア、オンラインストレージの強みも

 5月中旬、古いWindowsの脆弱性を狙う「WannaCry」が全世界で話題になったように、ユーザーのPCに保存されたデータを勝手に暗号化して人質にする「ランサムウェア」が猛威を振るっている。

 Dropbox日本法人の荒井一広さん(パートナーマーケティングリード 日本・アジアパシフィック担当)は、ランサムウェア被害にあった企業がオンラインストレージ上のバックアップからファイルを復元できた事例も出てきていると話す。

 「ランサムウェアに感染して、PCを初期化するしかなくなった場合でも、Dropboxで必要なファイルを常時バックアップしていたため、データを復元できた事例が直近半年に複数の企業であった。バックアップと回復の用途で使われる企業ユーザーも多い」(荒井さん)

最終更新:5/26(金) 16:26
ITmedia NEWS