ここから本文です

桐生祥秀 また不運、スタートやり直しで10秒24 関東学生対校選手権

5/26(金) 16:14配信

デイリースポーツ

 「陸上・関東学生対校選手権・第2日」(26日、日産スタジアム)

 男子100メートル決勝が行われ、100メートルで日本人歴代2位の10秒01の記録を持つ桐生祥秀(21)=東洋大=は、10秒24(向かい風0・5メートル)をマークし、2年連続3度目の優勝を果たしたが、期待が懸かる9秒台は不発だった。

 またも快挙への“逆風”が吹いた。直前の女子100メートル決勝では追い風1・5メートルと抜群の好条件。しかし、男子決勝はスタートのやり直しとなり、仕切り直した後には向かい風となっており、得意の中盤以降に伸びなかった。

 同じく向かい風となった4月の出雲大会(10秒08)、織田記念国際(10秒04)、フライング失格となった5月13日のダイヤモンドリーグ・上海大会に続く“不運”に、「走っていて(風が)向かってるなと。ビックリした」と苦笑いするしかなかった。

 ただ、ゴール後は「タイムには満足していないが、優勝できたのはよかった。大学最後の関東インカレで、(この後行われる)リレーで絶対優勝したいので、そっちに気持ちがある」と切り替えた。