ここから本文です

十両安美錦が8勝目 通算勝ち星は歴代10位の822勝

5/26(金) 16:52配信

デイリースポーツ

 「大相撲夏場所・13日目」(26日、両国国技館)

 元関脇で西十両8枚目の安美錦(38)=伊勢ケ浜=が新十両の貴源治(20)=貴乃花=を下手投げで下し4連勝で8勝目(5敗)を挙げ勝ち越しを決めた。突っかけられて3度目で立つ。鋭い踏み込みから押していなして相手を崩す。右下手をつかみ頭を付けてこらえると、土俵際で投げの打ち合いを制した。

 昨年夏場所で左アキレス鍵を断裂した。2場所休場し、同秋場所で十両に転落し、5場所目になる。

 18歳下の若武者相手に若々しい相撲。「頭を付けてあんな相撲が取れるなんてね。稽古場でもしないのにね。(最後も)捨て身だけど思い切って投げられた。いい相撲が取れた」と納得顔。

 通算勝ち星は歴代10位の安芸乃島に並ぶ822勝。「あと2番ある。(安芸乃島を)抜けるように、きょうみたいな相撲をあと2日取りたい」。上位が大混戦でトップとも1差。優勝には「一番でも体がビキビキ言ってるのに、千秋楽、トーナメントでいっぱい取れないよ」と笑わせた。