ここから本文です

「子供」の次は「シニア」――TONEがシニア向け対応を強化

5/26(金) 21:20配信

ITmedia Mobile

 トーンモバイルは5月26日、MVNOサービス「TONE」におけるシニア層(50代以上のユーザー)に対する取り組みを発表した。

【新端末限定で「拡大鏡」も提供】

●TONEスマートフォンのソフトウェア更新

 TONEスマートフォンについては、6月1日から順次ソフトウェアの更新を実施する。

IP電話:疑似的に「188番」発信が可能に

 シニア層は、スマホを使い始めるに当たってネットや電話による詐欺に巻き込まれることを不安に感じているという。

 そこで、詐欺の疑いがある事案などを相談できる消費者ホットラインの特別番号(特番)である「188(イヤヤ)番」に「発信」する機能を標準のIP電話アプリに実装する。

 ただし、IP電話では188番を含む3桁特番の発信に対応していないため、以下の手順で疑似的に188番に発信した時と同じ効果を得られるようにしている。


1. IP電話アプリで「188」と入力して発信
2. GPSで位置情報を検索
3. 付近の消費者相談窓口の候補を表示
4. 選択すると窓口の電話番号(固定電話)に発信

 この仕組みは、TONE software 2.0で追加された「104検索」とほぼ同じだ。

拡大鏡(TONE m15のみ)

 シニア層に向けた新機能として、現行モデルである「TONE m15」限定で「拡大鏡」アプリを追加する。アウトカメラを使って被写体を拡大表示するというものだ。画面横に常駐している「ソフトキー」からワンタッチで呼び出すこともできる。

メール:件名と本文を音声入力可能に

 トーンモバイルの石田宏樹社長によると、TONEに対する満足度調査をすると「メール」に対する満足度が意外と低いという。それを突き詰めてみると、シニア層にはソフトキーボードによる文字入力に戸惑う人が多いことが分かった。

 そこで、メールアプリをアップデートし、メールの「件名」「本文」の入力画面でマイクアイコンをタップすると、すぐにGoogle音声入力を呼び出せるように改善した。一部を対象に行ったモニター提供では、ソフトキーでの入力時と比べて最大5倍の速度で文字入力できた人もいたという。

●「ライフログ」の利用促進キャンペーン

 TONEスマートフォンには、東京都健康長寿医療センター研究所の青?幸利博士の提唱する「中之条メソッド」にもとづく健康管理機能「ライフログ」を備えている。この機能を使って「1日8000歩・速歩き20分」を達成すると、Tポイントが1ポイント付与されるようになっている。

 石田社長によると、この機能のユニークユーザーは2万3084人で、そのうちTポイントの獲得に至ったユーザー数は1860人だという。そこで、シニア層にむけたライフログの利用促進も兼ねて、6月1日から7月31日の期間限定で、50歳以上のユーザーが目標を達成した際の付与ポイントを10ポイント(通常の10倍)に引き上げるキャンペーンを開催する。

 なお、ライフログアプリも先述のソフトウェアと同様に6月1日以降にバージョンアップする予定で、バージョンアップすると1日の歩数がしきい値未満の場合に限って家族にメール通知する「簡易見守り機能」が追加される。

●「はじめようスマホキャンペーン」

 トーンモバイルでは、19歳以下のユーザーを対象に5月31日まで「TONE春のおトク!キャンペーン」を開催している。

 6月1日からは、このキャンペーンを「はじめようスマホキャンペーン」としてリニューアルし、19歳以下の新規契約者、2回線以上の同時新規契約者に加えて50歳以上の新規契約者も対象とする。特典は従来のキャンペーンと同じで、「基本プラン月額料金(1000円)1年無料」か「端末代金1万円引き」から選択できる。

最終更新:5/26(金) 21:20
ITmedia Mobile