ここから本文です

日本ハム・レアードがリーグ単独トップの14号弾 デスパイネに1本差つける

5/26(金) 18:49配信

デイリースポーツ

 「日本ハム-ソフトバンク」(26日、札幌ドーム)

 日本ハムのレアードがリーグ単独トップとなる14号本塁打を放った。

 3点を追う二回1死走者なしの場面で、ソフトバンクの先発右腕、バンデンハークの直球を左翼席へと運んだ。

 初回には先発の浦野が、デスパイネに13号2ランを許し、並ばれていたが、ここで再び1本差とする一発が飛び出した。

 2点差に迫る一発にレアードは、「甘いストレートを完璧にとらえることができた。打った瞬間、スタンドまで届くと確信できる会心の当たりだった。序盤から苦しい立ち上がりになったので、何とか流れを変えたいと思って打席で集中していたよ」とコメントした。