ここから本文です

NHK武田真一アナ 最高位のアナに昇格 阿部渉アナ、野村正育アナらも昇格

5/26(金) 18:57配信

デイリースポーツ

 NHKは26日、都内で6月9日付の管理職異動を発表。局の顔といえる4人の男性アナウンサー&キャスターが昇進することが明らかになった。

【写真】上位管理職へ昇進した阿部渉アナ

 アナウンサーの上位管理職への昇格は3人。昨年の紅白でのゴジラ実況やPPAPでのコラボで話題となり現在、「クローズアップ現代+(プラス)」のキャスターを務める武田真一アナウンサー(49)、4月より「おはよう日本」から新番組「ごごナマ」の司会となり朝の顔から午後の顔となった阿部渉アナウンサー(49)、ラジオ第1で午後7時のニュースのキャスター・野村正育アナウンサー(55)が、シニア・アナウンサーから、アナウンサーとしては最高位のエグゼクティブ・アナウンサーとなる。人事担当者は「部長級から局次長級への昇格という人事」と説明。今後は「アナウンサーとして通常の業務に加え、経営的な目線での業務、アナウンサー全体、放送業界全体に目を向けることも求められる」(同担当者)といい、経営面での会議などへの出席が求められるという。

 また「ニュースウオッチ9」のキャスターで、先日生放送中に、同じくキャスターを務める桑子真帆アナウンサーの結婚を祝福し話題となった有馬嘉男キャスター(51)が、報道局副部長から報道局記者主幹へ昇格。

 この人事も部長級から局次長級職への昇格で、武田、阿部、野村アナと同様、番組(ニュースウオッチ9)だけでなく、NHKのニュースや報道全体にも目を向けていくという。