ここから本文です

阪神・藤浪、六回途中に突然乱れ降板 岩崎も打たれ一挙5点失う

5/26(金) 19:53配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(26日、甲子園球場)

 阪神の藤浪晋太郎投手が、六回に先制点を許したところで降板した。

 突如制球が乱れた。先頭の宮崎は二ゴロに抑えたが、1死からカウントを悪くすると、甘い球を狙い打ちされ連打を浴びた。6番・嶺井から3連打。井納に右前に先制適時打を許した場面で交代を告げられた。

 1死一、三塁から2番手で岩崎が登板。倉本に対する初球を捉えられ、右前に転がった。三走が生還し、さらに追加点を献上した。なおも2死満塁からロペスの左翼への打球を風の影響で伊藤隼が捕球できず走者一掃の適時二塁打となり、この回一挙5点を奪われた。

スポーツナビ 野球情報