ここから本文です

広島が六回に3点追加 隠れ首位打者の安部が2点適時打 アンパンマンも加点打

5/26(金) 20:33配信

デイリースポーツ

 「巨人-広島」(26日、東京ドーム)

 広島が一気呵成(かせい)に攻めてマイコラスから3点を奪った。

 1点リードの六回だ。丸の中前打に鈴木が続いて無死二、三塁とすると、安部が中前2点適時打を放った。2ストライクと追い込まれながら粘り、最後は大きく縦に割れるカーブを捉えた。「覇気を出してくらいついていきました」。昨季の対マイコラスは打率・625。今季は、この試合まで3打数無安打だったが、重要な場面で快音を響かせた。

 さらに無死二塁からアンパンマンこと松山が右前適時打。4者連続安打で3得点。試合の主導権をグッと手繰り寄せた。アンパンマンは「打ったのはチェンジアップ。とにかく右方向に打つことを心がけていきました。追加点につながるヒットになって良かったです」と声をはずませた。