ここから本文です

広島が快勝で首位阪神にゲーム差なしに迫る 岡田5勝目、チームは巨人戦8勝1敗

5/26(金) 21:15配信

デイリースポーツ

 「巨人2-7広島」(26日、東京ドーム)

 広島は、投打がかみ合い快勝、首位阪神にゲーム差なしに迫った。これで巨人戦は8勝1敗と大きく勝ち越している。

 四回に菊池の3号ソロで先制すると、六回には無死二、三塁から安部の中前2点適時打、松山の右前適時打で3点を加点した。七回に鈴木の犠飛で1点、八回にも巨人のミスにつけ込み2点を加えた。

 先発岡田は7回6安打1失点の好投で5勝目を挙げた。「良かったと思います。先頭を出さないようにしっかり抑えようと思っていました」。五回には先頭の脇谷に中前打を許したが、石川、小林、マイコラスと3者連続三振を奪った。「先頭を出してしまったんで、後続を打ち取ろうと思った結果、三振だったと思います」と振り返った。

 東京ドームで初勝利に「うれしいです。まだ勝てるように頑張っていきたいと思います」と東京のファンに誓った。首位阪神にゲーム差なしに迫った状況に「1試合1試合全力で頑張っていきたいと思います」と話した。

 巨人は岡田を打ち崩すことができなかった。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 9:05