ここから本文です

拳四朗が母校関大に凱旋「恩返しできたかな」

5/26(金) 21:36配信

デイリースポーツ

 ボクシングWBCライトフライ級王座を奪取した拳四朗(25)=BMB=が26日、母校の関西大(大阪府吹田市)を訪れ、「王座獲得報告会」を行った。

 学生、大学関係者約350人を前にした新王者は「試合より緊張する感じ」と苦笑いを浮かべたが、「今までこういうことがなかったのでシンプルにうれしい。(母校にも)恩返しができたかな。周りの方が喜んでくれたので、勝てて良かった」と喜びをかみしめた。

 司会者から文武両道のコツを問われた拳四朗は「レポートで単位が取れるやつを選ぶようにしました。体育会の“あるある”ですよね」と場内を笑わせ、「二の句が継げません」と司会者を“絶句”させる場面もあった。

 「入学も卒業もギリギリだった」という拳四朗は「支えてくれた方がたくさんいたので、有名になって『関西大学』の名前を売りたい」と母校への愛着を口にした。王座に就いた20日の試合では腰部分に『関西大学』と入ったトランクスで戦った。試合後の会見では、ドーピング検査で脱いだトランクスを間違えて前後逆に履いて現れ、図らずも母校の名を前面に出してPRしていた。

 学生に向けては自身の体験も踏まえ「今回は絶対勝つと言い切ってきた。口に出すことが大事。何か一つを頑張っていけば世界を取れるというのを見せられた。皆さんも自分の好きなこと、得意なことにブレずに突き進んでほしい」と温かいエールを送り、大きな拍手を浴びた。

 報告会後にはかつて在籍したボクシング部の練習を激励するなど、学生時代を懐かしんだ。初防衛戦は今秋にも指名挑戦者と行う予定で「こんなところで負けてられない。絶対勝ちます」とV1を誓った。