ここから本文です

GENERATIONS 英テロでロンドン、パリ公演を中止 「安全確保困難」

5/27(土) 0:39配信

デイリースポーツ

 「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の所属事務所は26日、6月に開催予定だったロンドン(2日)とパリ(4日)での公演を中止すると発表した。英中部マンチェスターのコンサートでの自爆テロを受け、十分な安全確保が難しいと判断したとしている。

【写真】GENERATIONS片寄涼太が “ツンデレ”兄役を熱演

 同グループはホームページで「いつもGENERATIONSを応援いただきありがとうございます」とし、22日にマンチェスターのコンサート会場で爆発が発生し、死者・負傷者が出ていることをあげ、「現地当局はこれをテロ事案として取り扱っていることが発表されています。この事件の影響および現在のヨーロッパの社会情勢を考慮し、現地プロモーター様・旅行会社様と慎重に協議を重ねた結果、お客様の安全面を十分に確保することが難しいと判断せざるを得ず、非常に残念ではありますが」として、6月2日のロンドン、同月4日のパリでの公演を中止することを決めた。

 「本公演を楽しみにお待ちいただいていたお客様や関係者の皆様には誠に申し訳ございませんが、『安全第一』であることを最優先させていただき、このような決定となりましたことを何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。最後に、今回の事件により被害に遭われた皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます」としている。

 「GENERATIONS-」は、男性7人組のダンス&ボーカルユニット。台湾やマカオ、米国でのツアーを経て、欧州で公演を行う予定だった。問い合わせは公式サイトで。